僕が適応障害になってつらかったこと~「罪悪感」編~

どうも。人生2度目の休職中なひとりくん(@hitori_kun_blog)です。

「休んでいる自分はなんて弱いんだろう…」

「ほかの人はこんなことでは休んだりしないんだろうな…自分情けない…」

「みんな頑張って働いているのに、突然休んでしまって申し訳ない…」

ひとりくん
ひとりくん

そんな「罪悪感」といつも戦っているあなた。

とてもよく頑張って生きていると思います。

「正直、全然休まらないよね。」

僕が「適応障害」と診断されて、休職になったばかりのときから今も同じ気持ちによくなります。

その記録をここに残しておきます。

よかったら読んでみてください。

これだけは言いたい。「あなたはよく頑張っている。」

僕は休職して間もない頃、

「仕事に行っていない=休めている」とは全然ちがうということを身をもって学びました。

実は、休みをとっていても

色々な感情と戦っていて、疲れてしまう。

これが真実だと思います。

だから、同じように今悩んでいるあなたにこれだけは言いたいです。

ひとりくん
ひとりくん

あなたは本当によく頑張っている。

3か月くらいはまったくうまく休めませんでした。

僕の休職期間は当初3か月でした。

しかし、休職に入ってからの3か月間は「全く何もできない」期間でした。

職場とのやりとりがしんどい。

休職して間もない頃、しんどかったことのひとつに、

「職場とのやりとり」があります。

電話ひとつするだけで、めちゃくちゃエネルギーを使います。

休職して間もない頃は、手続き関係で色々と職場と連絡をとらないといけません。

書類の不備などで、職場から電話がかかってきただけで

激しい不安感と動悸に襲われます。

ひとりくん
ひとりくん

電話ってしんどいのよね…。

メールじゃだめかな…。

人と会うのが怖い。

休職に入ったばかりのころは、本当に人に会うのが怖かったです。

「みんなは仕事や学校が嫌でも、頑張って行っている…。」

「自分だけ休んでいていいのだろうか…。」

こんな風に考えていると、日中どこに行っても、

「こんな昼間に仕事もせず何しているんだろう…?って見られてるんだろうな…」

と考えてしまい、全く関係のない人も怖く感じました。

ひとりくん
ひとりくん

それで何もできない自分も嫌になっちゃうよね。

「過ぎていくだけの時間」に自己嫌悪。

これまたやっかいなんですが、

人と会うのが怖いし、エネルギーもないから、

ひたすらぼんやりすると、

それはそれで

「何もできていない自分」に向き合うことになるので

自己嫌悪に陥ります。

ひとりくん
ひとりくん

どうしたらいいねん。詰んだ。

いつも現状に苦しみながら、生活していくので精一杯

適応障害と診断されて休職に入ってから3か月間の思いを書いてみましたが、

ひとりくん
ひとりくん

まったくうまく休めてないやん。自分。

ということに気付かされました。

「適応障害って

ストレスのもと(仕事)から離れれば、

半年くらいでよくなるんでしょ?」

なんてまったく信じられません。

休職に入ってからも、

毎日罪悪感と戦いながら、

みんな一生懸命生きているんです。

次回は、僕が休職3か月以降の

「少しだけマインドが変化してきて

楽に生活できるようになった話」

を書いていこうと思います。

↓ 2021.6.25 記事UPしました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。