松浦弥太郎さんから学ぶ『軽くなる生き方』【おすすめの本】

どうも。ひとりくんです。

季節の移ろいを感じる今日この頃ですが、”生きづらさ”はそうそう変わりませんね。

今回は僕が尊敬する松浦弥太郎さんの『軽くなる生き方』を読んで学んだことをお伝えしていこうと思います。

こんな人におすすめ!

もっと軽やかに生きたい人

・生きづらさを抱えてつらい人

・松浦弥太郎さんのことをもっと知りたい人

ひとりくん
ひとりくん

松浦弥太郎さんについて知りたい方はこちらの記事もおすすめです。

松浦弥太郎さんの『今日もていねいに』から学ぶ「人との付き合い方」【書評】 松浦弥太郎さんの『今日もていねいに』から学ぶ朝時間のすごし方【書評】

今回紹介する本

著者紹介

松浦弥太郎

高校を中退し単身ニューヨークへ。帰国後、古本の販売などを行い、中目黒に古書店「COW BOOKS」を立ち上げる。2006年から『暮らしの手帖』の編集長となる。その傍ら、エッセイや翻訳などの文筆業も多数手がけている。

ひとりくん
ひとりくん

本書から学んだ軽くなる生き方のヒントを紹介します。

軽くなる生き方のヒント

“あたりまえのこと”を大事にする

朝は早めに起きて、朝ごはんを作り、身だしなみを整えて、家の掃除をする。僕はこんな”あたりまえのこと”がうつになりできなくなりました。こころとからだが限界だったんだと思います。

休職したことで自分のペースを取り戻し、少しずつ”あたりまえのこと”ができるようになってきました。

ひとりくん
ひとりくん

あたりまえに暮らせるって本当にしあわせなことです。

今では、大切なのは収入の安定ではなく、2人の子どもと妻とともにゆったりとした気持ちで暮らしていけることだと感じるようになりました。

もう一つ気付いたことがあります。それは日常の暮らしの中にも変化はあふれているということです。

こころが限界だったときは、毎日が同じような日々の繰り返しでした。朝起きて、朝の身支度をして、出勤するという”単なる苦痛な作業”になっていました。

休職した今では、朝起きて、窓を開けて空を眺めて、雲の形に季節の移ろいを感じたり、朝ごはんにいつもとは違うパンケーキを焼いてみたり、と同じような毎日でも実は一日たりとも同じ一日ではないということに気付くことができるようになってきました。そんな風に考えるようになってから心がより軽やかに毎日を楽しむことができるようになってきました。

POINT

・”あたりまえのこと”ができるようになると心が軽くなる。

・毎日の変化に気付けるようになるとさらに心が軽くなる。

“自分の弱さ”も見せていく

人と関わっていく時にはいつか必ず”自分の弱さ”を隠さないといけない時がやってきます。

深い関係になればなるほど、いい姿を見せようとしがちです。すると、人と関わるときはなんだか”作り物の自分”でいないといけない気がしていました。

松浦さんは、はじめから”自分の弱さ”を隠さずに関わっていった方がいいんじゃないかと提案してくれました。“弱さ”を見せるのは不安なことが多いけれど、その人とこれからも深く関わっていくためには、”弱さ”も見せていくことが軽くなる生き方につながるのではないかと感じました。

POINT

・はじめから”自分の弱さ”も見せていくことで、自分らしく生きていくことができるようになる。

本当に大切なものだけを持つ

モノが部屋にあふれてくると、自分の心もだんだんと重くなってきます。軽く生きるためには、時々チェックが必要です。「これは本当に必要なモノか?」自分の持ち物について見直してみましょう。僕自身が「ミニマリズム」という考え方に出会ってからだいぶ生きやすくなったので、“モノを持ちすぎない暮らし”をするのはおすすめです。

POINT

・本当に大切なものだけを持つことで軽やかに生きることができる。

ひとりになる

心を軽くしたいときは「ひとりの時間」を作りましょう。家族がいると、なかなかひとりの時間は取りづらいですが、我慢し続けているとストレスがお互いにたまってしまうことがあるので、お互いにちょっと「ひとりになる時間」を作ると、それだけで気持ちをリフレッシュさせることができます。お気に入りの場所をいくつか作っておくのもおすすめです。僕も

POINT

・定期的に「ひとりの時間」をもつようにしよう。

この他にも「軽やかに生きるヒント」が書かれています。

ここに紹介した事以外にもたくさんの「軽やかに生きるヒント」が書かれています。

人間関係や仕事、生き方に悩みを持っている人にはぜひ読んでほしい1冊です。

ひとりくん
ひとりくん

松浦さんの“暗黒時代”についても語られています。

合わせて読みたい

松浦弥太郎さんの『今日もていねいに』から学ぶ「人との付き合い方」【書評】 松浦弥太郎さんの『今日もていねいに』から学ぶ朝時間のすごし方【書評】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。