適応障害で転職して4ヶ月が経ちました〜現在の生活とおもうこと〜

どうも。ひとりくんです。

今回は転職してから4ヶ月が経ちましたので、

現在の生活やおもうことについて書いていきたいと思います。

自宅に引きこもっている

コロナめっちゃ流行ってるね。

今月はコロナが感染力を爆発させている。

子どもにかかってほしくないというパートナーの考えもあり、

僕はほとんど自宅で仕事をしています。(僕はどちらかというと対策しながら出かけたい派)

カフェやスーパー銭湯にも行けない日々が続きます。

ストレスが溜まっていってるのかも?

早く心置きなくでかけたい。

コロナ感染大爆発の影響で、ほぼ自宅に引きこもっているのですが、
子どもが夏休みということもあり、ずっと家にいます。

「子どもが家にいる中で、リモートワークをする」

正直これかなりストレスたまりますね。

感情を吐き出したら、気持ちがすっきりした。

詳しくはこちらの日記に書きましたが、溜まっていた色々なストレスを思いっきり吐き出したら少し気持ちがすっきりしました。

引きこもり生活は続く

コロナ禍で気付かないうちにストレスを溜め込んでいる方もいることと思います。

一度立ち止まって、思いっきり叫んだり、泣いたり、笑ったり、感情を爆発させてみるのもいいかもしれません。

なにかの本で読んだんですが、おしゃれで丁寧な暮らしをしているイメージのある北欧の人たちがヘビーメタルを好んで聴くのは、ここで内面に溜まった自分を解き放つからだということです。

ひとりくん
ひとりくん

感情は殺さず。解き放とう。

あきらめることも時には大切

諦めればちょっと楽。

夏休みで子どもたちは1日中家にいる。

子どもがいる中で仕事をするという状況を乗り越えるためにいろいろ試行錯誤。

現時点で効果的なのは、

「今月は仕事をいつも以上に頑張らない」

「家族で過ごす1か月」

と割り切ってしまうこと。

仕事モードになってしまうと、騒がしい子どもたちにイライラしてしまうことがあるので、

仕事にも悪影響を及ぼすことになる。

だから

もう今月は仕事ができなくとも、それでいいやくらいの気持ちでいます。

ここまでよく頑張ったぞ。自分。

ほんとがんばった。

最後にひとつ言いたいことがあります。

ひとりくん
ひとりくん

4月からここまで一度も体調崩さずに働けました!

すごい。

すごいぞ。自分。

と今日ぐらい自分を褒めてあげます。

前の仕事だったらだいたい5月の連休明けから少しずつ疲れが出てきて…6月にダウンというのを繰り返していた僕。

そんな僕ですが、今回は一度も体調不良で休んでいません

ひとりくん
ひとりくん

転職して良かった。

ちなみに僕がいつもどんな感じで働いているのかはこちらの記事に書きました。

適応障害で退職した内向型人間が、転職した会社はどんな会社?内向型の方におすすめの条件も解説します

しかも、休まなかっただけでなく

仕事がまあまあ楽しい。

こんなふうに思える日が来るなんて思いもしませんでした。

4ヶ月目まとめ

転職4ヶ月目をまとめると

コロナの感染爆発でストレス溜まってくるけど、好きな音楽聞いて暴れて感情を爆発させたらすっきりすることがわかった。そして、こんな中でも4ヶ月無欠勤で仕事にいけた。自分頑張った。

という感じです。

ひとりくん
ひとりくん

今月もぼちぼちいこう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。